第170回定例活動報告
「東の森 (12月21日第3日曜日)」

全体報告<大日向>

今年最後の定例活動日です。会の長老を始め17名が集まりました。

作業は前回同様(前回活動を参照)でプラスとして長老による剪定した柚子の焼却、Kさんによるテラス廃材の整理などが加わりました。廃材焼却で火は炉端周りをいつもより温かくします。テラスからは間伐(現在進行形)によって尾根筋がくっきりと明るく見えます。暮ということもあり、ここまでになったかと感慨深いものがあります。

運搬道はほぼ完成してあとは地元の方が薪としての材をを運び出すまでになり、来年にはその結果を聞けると楽しみです。

ここでの活動も、与えられた事をするだけでなく、各人が各様自分の出来ることを楽しみながらする結果、森の活性化につながる。ちなみにテラスの物置横にある杉の良材?は幹回り135センチでした。10年後には?

今年は天候不順で活動中止も度々ありましたが無事に終了したことに感謝致します。
道路横木に使う木が掛り木に.jpg道路横木に使う木が掛り木に山側を削り地ならし.jpg山側を削り地ならし道作りにはヨイコラショ!.jpg道作りにはヨイコラショ!



活動報告<八重樫>

2014年最後の森林保全ボランティア、今の時期としては暖かく穏やかな朝だった。登りついた本拠地テラスの周辺は猪の猛威を受けて穴だらけ、植林した木も堀り返されていた。鹿、猪、猿は害獣でカラスも害鳥となっている。鹿の角が落ちていたと昼休みのテラスに置いてあった。森林保全ボランティアを行っているそんなに広くない場所にすべての害獣が出没していることになる。地球にとって一番の害獣は我がホモ・サピエンスだから発する害毒は減らさらなければならないと思う。森林保全作業も地球の平和を守る小さな努力の一つだと思う。

今日は11月から続けている作業道の整備を行う。作業現場へは我が友Kと共に約2年間活動のフィールドとしていた雑山の落葉樹が葉を落として明るく広がっている中を通って行く。ここが5年後、10年後にどう変わっていくのか(どう変えていくのか)楽しみです。作業現場では道路工事用の木材の支給を受け持った。ここは杉、檜が密生して樹冠部では日光を求めて競い合って枝が入り組んでいるので、一本切り倒すのに大変苦労した。足場の悪い斜面でロープを使っての力仕事となる。疲れが出た時、丁度良いタイミングでコーヒーの出前が来た。Tさんいつもいつもご苦労様!ありがとうございます。

昼は差し入れの白菜が多く入った具沢山の美味しい味噌汁。Eさんいつもありがとう感謝!昼休みにKと柚子湯用の柚子の収穫を行う。昨年の大豊作に比べて今年は実が少なかったが柚子湯分は確保できた。午後の作業はまたかかり木との格闘が続いた。今年の森林保全作業は、作業道の整備で終了となった。作業終了後のテラスでは甘酒が振る舞われた。

今年を振り返ってみると、二月の大雪に始まって天候によって作業が影響を受ける事が多かったと思う。作業としては雑山を主に稜線近くの照葉樹の除伐、杉、檜の間伐を行ってきました。伐採した場所は空間が空くが照葉樹は直ぐに切り株からヒコバエが出てその生命力、成長の早さに驚かされます。月二回の森林保全作業の限界を感じつつ、自分のデザインした森林にすべく挑戦して行こうと思う。個人的には今年は会いたかった人との嬉しい再会があったが、又親しい友人との悲しい永遠の別れも続いた。このぼんぼり山の会での出会いと活動を今後も大事にしていこうと思っています。皆様良いお年をお迎え下さい。

活動報告<佐伯>

ぼんぼり山の会では基本1か月に2回、顔なじみのメンバーに会い、昼にはおいしい汁物をいただき、午後また山に入る、というパターンですが、毎回あーだこーだ言い、たわいのない話をしたり、笑ったり、そんなパターンがもう7年も続きました。

毎回何を話したのか覚えてないので、本当にどうでもいい話をしてるんだと思います(笑
それくらい気を使わずに思ったことを口にできるということです。

いついっても皆さん変わらない、私も私でいられる、というストレスフリーのパターンがこの会の継続の秘訣だと思っています。これ、結構重要だと思っています。

来年もまた、変わらないパターンで続けて行きたいと思います。


活動報告<辻田>

先ず今年一年事故らしきものがなくてほっとしています。きわどい場面が多少ありました。毎年メンバーが一才ずつ年齢を重ねることは避けられない現象ですが、お若い方も着実に参加いただいているのでぼんぼり山の会も未来は明るいと思います。

今年一年振り返ってみたいと思います。
今年は2007年5月の活動開始から数えて8年目。先ず活動状況ですが年間23回の活動予定に対し実際の活動日は20回で、2/16(日)は2/14(金)に降った大雪(2月の雪は2/4、2/8、2/14の3回も)の影響で急遽中止、6/7(土)と7/5(土)は大雨で中止と異常気候に振り回された一年でした(昨年の中止は2回)。参加者総計は372人で平均18.6人でした。この数字はすごいと思いませんか。

7/20(日)は恒例の一泊懇親暑気払いを行い17名の参加でした。
11/16(日)はこれまた恒例の柚子もぎ、今年は不作との前評判をやはり覆すまでにな至らず、成果は240kg(昨年は610kg)とかなりさみしい結果でした。何が原因なのか定かではありませんが、地元Tさんの話ではやはり一昨年の猛暑が影響して今年の5月の花つきが悪くなったのではということでした。

12/21今年最後の活動日、誰からともなくテラスから後ろを眺めていた数人からこの山も随分きれいになったねと本当に嬉しそうに本音(?)を漏らしたら、みなが”そうだね”と相槌!八年もこつこつと“牛歩の一歩”を積み上げた成果で、これはぼんぼり山の会のささやかな誇りと思っていいのではと思います。
小学生のF君は皆勤賞.jpg小学生のF君は皆勤賞シカの角みつけた!.jpgシカの角みつけた!みんなからお菓子のX'masプレゼント♪.jpgみんなからお菓子のX'masプレゼント♪
山でいただく弁当は格別だ!.jpg山でいただく弁当は格別だ!昼時はやはり火のそば.jpg昼時はやはり火のそば

milk_btn_pagetop.png

第169回定例活動報告
「東の森 (12月6日第1土曜日)」

全体報告<大日向>

今年一番の冷え込みです。

初参加者含めて18名が駅に集合しました。自宅を出る時は寒さで震えていましたが、駅に集まり、ぼんぼりの畑を登り、テラスに到達するまでに身体の方は自然と温まり、そして火を燃やして煙を浴びると別の世界に入れます。

風邪が流行っています。なかなか治らない人、寸前に熱が出て欠席の連絡があった人等、ボランティアも健康であってのものですから季節がら注意が肝心です。

今日のメイン作業は雑山での薪材を電動運搬車で運び出す林道(?)作りです。その昔、地元の小学生が通っていたという旧道から左にそれ、送電塔の下を通ってははそ道に通じようというものです。別記のようにほぼ全員が取り掛かりました。

欠損木を伐採して、材として運びこみ、斜面を削り、材で土留めを作り、土を掛けて、固める。手分けして結果的には三か所で作業が進み、繋ぐことで素晴らしい林道が出来上がる。大勢が取り掛かった為かなりの距離を稼いだ。

一方では雑山で伐採した材をははそ道まで集める作業も八割がた完了!これで地元の方が入り込み薪材として利用するようになれば、文句なしの里山になります。

テラスでは、前々回に移植したコナラ苗圃の柵作り、剪定柚子の火燃やし、同時並行して採れたばかりのシイタケを入れた定番の具だくさんスープ、コーヒー、地元夫人が目の前で抜いてくれた大根の塩揉み作りと多彩な活動です。

山での活動も、火燃やしさん・コックさん・コーヒーマスター・道具の整理等、各自各様の応援があってからこそ成り立ちます。

午後にはみぞれ交じりの雪も降り、いよいよ冬到来!を感じさせた一日でした。

次回は猪が荒らしまくったははそ道の補修・拡幅工事、更にはキノコのほだ木用のコナラを伐採して年内終了となります。
ぼんぼり山の紅葉①.JPGぼんぼり山の紅葉①ぼんぼり山の紅葉②.JPGぼんぼり山の紅葉②ぼんぼりは今が紅葉の終盤.jpgぼんぼりは今が紅葉の終盤


活動報告<洗川>

子どもの頃、まだ幼稚園に入る前だったと思う。
いすをひっくり返して段ボールを立て掛け、ふとんをかぶせて、てっぺんに傘を挿したひみつきちで過ごすのが好きだった。
みかんを食べ、絵本を読み、毛布にくるまって眠った。
居心地のいい場所づくりは今でも私の暮らしのまんなかにある。

そんな私の目の前に、大人の秘密基地があらわれた。
人生の先達が、そろいもそろって!いい年して!いい顔で森の中で過ごしている。
・・・これは素敵だ。
珈琲にクリームシチューに大福に柚子香る大根。おなかまでしあわせなのだ。

森に通う暮らしをしたくて訪れたぼんぼり。
してあげるも、しなくてはならないも、してあげたいのにもない、清々しい場所だった。
段ボールに埋もれる私も、それを見て笑う親も、ただ夢中で、ただ可笑しかったのだと思う。
夢中で汗をかいて笑って過ごして、誰かが喜んでくれたらこんなに幸せなことはない。

「静かにゆくものはすこやかに行く 健やかにゆくものはとおく行く」
この言葉みたいな大人になりたいと思っていたら、そんな大人の秘密基地だった。
行く前はただ森へ行こうと思っていたけれど、次はみなさんに会いに行きます。


活動報告<北山>

久しぶりに活動に参加させていただくと、尾根の木々は落葉し、柚子はきれいに刈り取られ、すっかり初冬の山に変わっておりました。

さて土木班ですが、先般からTさん宅の作業道造りにかかっております。用途柄できるだけゆったり、なだらかな造りを求められているため、ルート選定に苦労しているようで、親方の提案で今回大幅に見直して新しいルートを開拓することに。以前からある山道からとりついて、できるだけターゲット地点まで平行に移動できることを念頭にルートを決めて作業を開始。

本日は山の作業も一段落ということでほとんどの方が作業道造りに参加。二班に分かれて作業を開始、斜面の道の場合いつもだと土留めの材木切り出しで時間を取られてしまうのですが、今日は伐採の専門家がたくさん参加しているのできわめてスムーズに材木が切り出されて作業はどんどん進行し、ぼんぼり土木にしては極めて高規格の作業道が出来上がっていきました。作業進捗は50メートル、ターゲット地点まで1/3というところでしょうか。作業とは関係ありませんがコーヒーの出前は子供がやってきました。一体大人はどうしたのかしら。

私ごとながら、いつもは土方なのに本日は成り行きで現場監督になってしまったのですが、正直土方に戻りたくなくなりました。臨時雇いの土方の皆さんご苦労様でした。


今年もたくさんの落葉が積もった柞の森.jpg今年もたくさんの落葉が積もった柞の森オーイそちらに転がるよ!.JPGオーイそちらに転がるよ!柞ハハソの森への林道整備着々と.JPG柞ハハソの森への林道整備着々と


活動報告<神津>

道作りもまた楽し

西高東低の冬晴れの朝。空気がぴんと引き締まって気持ちが良い。盆掘集落は今朝マイナス温度であったろう。Yさんによれば9時で五日市が3~4度とか。集落の奥の駐車場は3㎝程の霜柱が立っていた。このところ道普請が続いているが、今日は柞の森の作業道の先を旧道まで延長する工事だ。ほぼ全員が参加することになる。山の会の総力戦だ。雑山での伐採作業に惹かれるが暫くは封印しよう。

テラスの周辺は猪の掘り返しがひどい。道の真ん中までやられている。石や落ち葉、倒木の下には虫などの餌があるのだろうか。猛烈な体力と共に、生きる執念を感じる。歩いて行く雑山の下部は抱えるほどの太い楢や橡の玉切りが重なっている。以前切り倒した落葉樹に線虫の有無を確認しながら、薪にして焼却処分すべく玉切りにして、斜面から落としてベテラン勢が頑張った痕跡だ。

柞の道は雑山の下部を横切り、やがて登りにかかり途絶えた。そこから旧道に至る数十米を幅40~50cmの作業道に仕上げるのが今日の仕事だ。一日で終わるだろうか?Sさんを中心に進めている土木事業にこれまで携わったことがなかった。完成した道を有難く使わせて貰ってきたが、今日は緊急採用された。先ずは10㎝位の杉の伐採に入る。細いのも含め10本近く切り、3m前後にカット。道の予定地の斜面の立木に寄せる。複数本重ね合わせて堤状にし、地面の間に大き目な石を詰める。堤の外側には杉の余り材を杭にして崩壊を防ぐ。土が雨で流れおちないように補強する。根本の曲がった材は道のカーブに合わせる。山の斜面をL条に切り込み幅50cm位を平に固め、堤の上部まで土を突き込む。切り込んだ斜面から飛び出す根は切り落とす。雑山から薪を積んだキャタピラー付き一輪車を通過させる、云わば一級国道仕様にするのが目標。

友人のYと僕は杉の伐採が主。枯死や樹勢の弱い檜を選ぶ。きつい斜面作業で何度もスリップ。枝は女性たちが落とす。年は若いが、技術はベテラン女性のSさんは新しく入った女性に手を添え教えながらの作業。途中コーヒーが届き一休み。昼はEさん特製の採れたての椎茸入り具沢山のシチュー。体が温まる。

午後は途中で拾った石を抱え作業場に戻る。一段落したところで、山道に掛かった木橋の補強に向かう。逞しい樹木医のKさん、ぼんぼり山珈琲ショップマスターで細目の紳士Tさんと取り掛かる。真っ直ぐな10~15cmの杉を都合3本切り倒す。斜面から引き揚げたり、引きずり降ろしたり、ロープ掛けをしたり三人で格闘する。息が弾む。Tさんの頑張りに感動した。伊達にベテランだけではなかった!1時間で完成。がっちりした橋になった。これは次回と判断されていたのを、一気に前倒し。橋を通って皆帰って来る。賛嘆された三人の鼻が少し高くなった。次は今日の開削道の端から雑山の道を整備作業。これでこの辺りの年内土木作業は終了で、新年からは伐採作業に戻れる。S土木会社社長からは一端解雇でめでたしめでたし!

午後山は雪に包まれた。向かいの山肌は斜めに紗を掛けたような風情になる。気温が下がった。先週は柚子狩りを楽しめたのに、すっかり冬の風景だ。森の作業は50年、100年の時間帯の中で進む。世は激しく動くだろうが、ここへ戻ると時間がゆっくりと流れる。下界ではなかなかお目にかかれない笑顔の素敵な仲間たちがいる。一年が無事に過ぎた。リーダーたちのご苦労にお礼を申しあげるとともに、仲間たちに感謝したい。

  薪を割る音こだまして柚子日和

ススキがお見事.JPGススキがお見事煙たなびく?お昼の味噌汁や・・・.JPG煙たなびく?お昼の準備料理師長が火もやしアルバイト.JPG料理長が火もやしアルバイト

やったぜ!.JPGやったぜ!

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|

milk_btn_next.png