第245回定例活動報告 (6月2日第1土曜日)

全体報告<佐伯>

会幹部が今後の活動を検討.jpg会幹部が今後の活動を検討16名が集まりました。
Y師匠の呼びかけで、ほぼ全員が基地の真上にある人工林の道づくりをしました。道ができている終点から尾根付近まではPPテープで道しるべがなされていましたが、難所ありで、ルートを変えながら約50mの道ができました。さすが、たくさん人がいると違いますね。こういう時、よく前会長が報告で書いていた”数は力なり”という言葉を思い出します。

基地裏広葉樹の除伐も数名で行われました。まだ萌芽更新で何本も育ってしまった木はたくさんあります。

前回炭焼きの窯出しをしました。当日炭焼きリーダーが勢いよくでる煙を見て、もしかして燃えているかも?と相当心配していましたが、お見事!真っ黒な炭が出来上がっていました。中くらいの段ボール3箱程あります。竹酢液もあります。

川にかかる丸太橋が傾いてしまっていて、それも数名の腕力隊が直しに行ってくれました。水量は少ないと言えども、大分肩で息をして帰ってくる様子を見ると結構なお疲れな様子、ご苦労様でした。

昼の汁物は料理をしない料理長のリクエストでビーフシチュースープに。この会にしては珍しく大きいお肉がゴロゴロ入っていました。もちろん料理長の仕事は「味見」のみです。偉くなると違います。

本日はまだ真夏のような暑さではないけれど、体がまだ慣れてないせいもあるし、道づくりで結構体力を使って皆さんヘトヘトになるのが早かったので、ちょっとだけ早く上がりました。
ドキドキ、灰になっていたらどうしよう.JPGドキドキ、灰になっていたらどうしようロストルを持って引き出すと….JPGロストルを持って引き出すと…わぁ、良い!.JPGわぁ、良い!収量は段ボール箱3個分でした.JPG収量は段ボール箱3個分でした


活動報告<清水>

久しぶりの道づくり
基地の上の森は山という感じの急斜面。ここに尾根まで道を作るというのが数年前からの課題だった。いや、課題というよりこの森から薪を取りたい山主さんの要望でもあった。その道づくりの条件は、土や石が落ちないように土留めをうまくしながら、電動の一輪車が通れるように道幅も60センチは必要というものだった。一輪車が通るためには。道があまり急でもいけないし、曲がり角も一輪車がゆとりをもって方向転換ができるスペースが必要だ。

今までぼんぼりでは旧基地時代も含めて、ずいぶん長い距離を道づくりした。
その道は、本来一輪車を予定せず、森林整備の現場の往復のためのものだった。そのため道となるコースはなるべく等高線に沿って作ったため、気持ち良いくらい作業が進んだ。歩くのが目的だから上に上る時は階段をつくって、ある程度上に行くと下の道と並行して、またその道にそって延伸。線路は伸びるどこまでもというように道づくりは進んだものだった。しかし今回の裏山はいわばジープで山登りするようなものだ。小さい山全体を対象として頂上まで道を作るならば、少しずつ勾配を付けながらグルッと道を回せば可能だが山の一面を上まで道を通すのはジグザグしか方法がなく最初からできない計画だった。そんな事で試行錯誤しても結局名案はなかった。そんな事がいつまでも手が付けられない原因だった。

朝礼で仲間から道づくりを催促された。いつまでもそのままというのもよくないと。前回、道の予定ルートをテープで示されていたのでそれに従って道作りをすることになった。珍しいことにこの日の参加者の大部分の仲間が参加。何となく役割分担ができて、道を広げるため斜面を削る人、土留めの丸太を運ぶ人、それを止める杭を作る人がそれぞれ汗を流しながら作業。この時のみんな、いや、少なくとも私の頭の中には、ふつうの一輪車で薪を運ぶために使いやすい道という考えはなかった。なるべく傾斜を緩やかに作ることは考慮したが、坂道の折り返しは電動であれ、そうでない一輪車であれここでの方向転換はかなりむつかしい。とにかく道をという考えだけだった。ただ徒歩で上まで上がるのはかなり容易になった。また、いつもながら出来上がった道を振り返ると工事前の風景が思い出せないくらいいい感じの風景となった。あと、一、二回程度で全線開通の予定だが、本来の目的の道づくりには、一つのアイデアだけれど、折り返しの地点はウッドデッキ的な台を作ってゆとりのある折り返し点と薪の一時置き場を作ることも考えている。
道造り・ここはこうしてああして・・・.jpg道造り・ここはこうしてああして…道造り・間伐材の有効活用.jpg間伐材の有効活用道造り・杭をうまく使って・・・.jpg杭をうまく使って…

道造りは工夫の連続.jpg道造りは工夫の連続道造り・もう一息頑張って.jpgもう一息頑張って道造り・一汗後の満足感.jpg一汗後の満足感

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|

milk_btn_next.png